益子町の祇園祭は山車がすごい

      2018/04/25

どうも。
りんごです。

益子町では毎年7月25日に、祇園祭が行われます。

うちの子供たちが夏休みに入ると、もうすぐだっていつも楽しみにしています。
そして今年も行ってきました。

益子町の祇園祭は、6台の山車が出ます。
うちの息子は、その山車の中で叩いている太鼓と笛の音が大好きなんですよね。

今年は自分のデジカメを持っていって、写真と動画を撮りまくっていました(^-^)
まるでカメラマンのように、山車の前に回って撮ったり。
本当に好きなんですねー。

お昼過ぎになると、益子駅に6台の山車が集合して、少しの間休憩します。
休憩中でも、太鼓と笛のお囃子は休みなく続くので、駅の近くは本当に賑やかです。

駅の上から見た様子です。
これは2年前くらいの写真。
だって今年はちゃんと撮ってなかったから。

写真 (2)

小学生くらいの子供が太鼓を叩いているのを見て、息子は羨ましそうでした。
確かにかっこよかったです。
山車 太鼓

そして、夜の山車はちょうちんに灯が点いて、昼間とは違う良さがあります。

もちろん夜も見に行こうとしたけど、息子は以前、鹿島神社の前でひょっとこに会って、目の前に来られてから怖くて行きたくなくなってしまいました。

ちなみにひょっとこはこんなのです。
ひょっとこのお面を着けた人ですね。

ひょっとこ
この写真がそのときの鹿島神社の前です。
このひょっとこに絡まれてるのは息子じゃないですよ。

そしてその日の夜も、息子はやっぱり家で待ってると言い出しました。
えー?!
夜の山車が一番楽しみだって言ってたのに。

そのためにカメラも充電してたのに。

一度は娘と二人で出店があるところまで行こうと歩いたけど、少し行くと娘が、息子は昼間より断然夜の山車がいいと言っていたと教えてくれました。

それなのに夜の山車を見ないなんて、私が諦めきれないのでもう一度家まで呼びに行き、神社までは行かないから大丈夫、となんとか息子を説得して、息子も山車を見に行くことができました!

実家のすぐ近くに山車が来たので、そこで息子はまたカメラで写真を撮りまくってました。

山車 夜

息子は手前で写真を撮ってます。
そして満足して実家まで帰っていきました。
よかったよかった。

私と娘は鹿島神社まで歩いていき、出店で買い物をして帰りました。

お祭り 屋台

帰るときに見た山車は、今までよりも凄い迫力の太鼓の音でした。
夜に鹿島神社の前で山車どうしがぶつけあいのようなことをするので、それに向けて気合いを入れてたのかな?

なんか相撲取りみたいですね。
戦う前の気合いを入れる感じが。

スポンサーリンク

まとめ

益子町の祇園祭は、山車が行ったり来たりしているのが見所です。

いかにも夏のお祭りという感じで楽しくなります。

すごく混むということもなく、ちょうどいいです。

 - 益子 ,